「金があったら音楽と服につぎ込む。それが俺たちの創った文化なんだ。」By ポール・ウェラー をいつの間にか実行し続けているモッカーズのブログです。


by SILENTLY_WALKING
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ロック

とは。
一度は誰でも考えるはず!
考えなかった人はもうロックじゃない。
自分が視覚聴覚に入れたものがフィットするとロックになると思うのですが、
これロック、これロックじゃない、とはどう判別するのか。
それは、やはり自分のルーツにあると思います。
初めて打ちのめされた音楽、それを基準にする。
しかし、その音楽のルーツを辿ると音楽はロックでなかった。
けど、それもロックになる。
結局、ロックとは自分で答えを見つけるのです。
答えがあるけど答えのない音楽、言葉、思想、生活、宗教だと思います。
ひっくるめてロック。
誰にも入ることができない領域。
あぁ、素晴らしい矛盾。

この間、日本国民的バンドの10年前の音がたまたま耳に入って、
間奏に、自分がロックだと思っているフレーズを弾いていた。
これでこのバンドは自分の思うもう一つの「ロック」になった。
10年前はこんなのロックじゃねぇ!と思っていた。
愚かな若者ね。
永遠に自分のロックは変わり続けるんだろうな。
それがロックなんだろうな。

そんな自分を含め、日々前進するロッカーたちに!

「自分の好きなジャンルに固執しすぎない方がいい。他の分野への冒険をしなくなってしまう。自分の関心に壁を作ってしまうのは馬鹿馬鹿しいことなんだ。」
By ウォルト・ディズニー

「88歳の農家のおじさんが言ってたよ。農薬とかいろいろ指摘されている大量生産の手法、まず売り上げという発想の農業というのはすごく問題があって、作物を毎年、育てて収穫できるという喜び以外に、多くのものを求めちゃいかんと。それで、結果として自分たちが食べていくお金が手に入れば良くて、そうしないと農業は長続きしないんだと。ファッションもある意味そうゆうところがある。そうゆうスタンスでやらないファッションなんてつまらない。最初から、売り上げをいくらあげなきゃいけないから、これとこれを作らなければならないなんてやってたら、ものすごくつまらない。つまらないっていうか、苦しいですよ。だからそうじゃなくて、「ほら、きれいなものができたから見てみてよ。」「それで気に入ったら、買ってみて。」みたいなね。そうゆうサイズ感を自分の中に持っていること。それはハッピーなんですよ。そうゆうこと。僕はやっぱり作ることが好きだし、そこを見失っちゃうと、ハッピーじゃないエネルギーを持った服が店頭に並ぶことになっちゃうから。それはやっぱりだめだと思うよ。そうゆう喜びがない大量生産を生み出すファッションが、若い人たちから自由なマインドを奪う原因だとも思うしね。儲けることより作る喜びがないとこうゆう仕事はやってて面白くないと思う。だからね、上昇志向じゃなくてアンダーウォーター、ディープシーダイバー。」
By 小野塚秋良 (zuccaファッションデザイナー)


今日はこれにて!
[PR]
by silently_walking | 2009-08-09 01:50